市長選挙

岩国市長選挙 開票結果速報2020 情勢予想や出口調査・立候補者の公約

2020年1月19日に告示、1月26日に山口県岩国市長選挙(岩国市長選/岩国市市長選挙)2020が投開票となります。ここでは岩国市長選挙2020の開票速報及び開票結果についてまとめています。

最新情勢やNHK出口調査、投票率、争点、当選者・落選者の当確予想、立候補者の経歴やプロフィール、公約などもご紹介します。

2020年の岩国市長の立候補者はいずれも無所属で4選目当選を目指す現職市長の福田良彦氏(49)=自民、公明推薦=、新人で政党役員の米重政彦氏(64)=共産、社民推薦=の2名です。有権者数は1月18日時点で11万3170人。

岩国市長選挙2020の開票結果・開票速報|NHK最新出口調査と当確・投票率

岩国市長選挙2020の開票結果は自治体による開票速報やNHKによる出口調査情報が入り次第こちらに記載していきます。

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
当選 福田 良彦 49 無所属(自民、公明推薦) 市長
米重 政彦 64 無所属(共産、社民推薦) 政党役員
  • 告示日:2020年1月19日
  • 投票日:2020年1月26日
  • 定数 / 候補者数:1 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:
  • 投票率:

岩国市長選挙2020の争点や情勢・優勢など当確予想は?

4選を目指す現職の福田氏に新人の米重氏が挑む一騎打ちの構図となりました。

前回は、福田氏が一騎打ちとなった立憲民主党支援候補に圧勝しましたが、投票率は50%を割り込みました。

米軍岩国基地への空母艦載機移転が2018年3月に完了後の初の市長選で、極東最大級の航空基地とどう向き合い、まちづくりを進めるかが主な争点となりますが、有権者の関心がどこまで高まるかが懸念されます。

今回も、米重氏が共産党支持層以外に、岩国基地問題に批判的な市民層などにどれだけ支持を拡げられるかが焦点になるでしょう。無党派層の動向が注目されますが、自民・公明両党に加えて連合山口の推薦を受け、幅広い支持が期待できる福田氏の優位は動かないでしょう。








岩国市長選挙2020の立候補者の政策(公約)やプロフィール・経歴について

福田 良彦(ふくだ よしひこ)の経歴やプロフィール

  • 名前:福田 良彦(ふくだ よしひこ)
  • 現年齢:49歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(自民党、公明党推薦)
  • 肩書き:岩国市長(3期目)
  • 学歴:山口県立岩国高等学校、法政大学法学部卒業
  • 職歴:岩国市議会議員(1期)、山口県議会議員(1期)、衆議院議員(1期)、岩国市長(3期目)

大学卒業後、代議士秘書を経て、1999年に岩国市議会議員選挙に立候補してトップ当選、1期務める。次いで2003年に山口県議会議員選挙に立候補して当選、1期目途中の2005年の衆議院議員選挙に自民党県連の要請を受けて立候補して当選。1期目途中の2008年に出直し市長選挙に立候補して当選、現在3期目。

主な公約・政策主張

福田氏は、「NEXT⇒IWAKUNI、夢をかたちに」というスローガンのもと、次のような7つの公約を掲げています。

①子育てと暮らしを応援

  • 市民全体で健康づくり!! 介護、認知症予防、ガン検診、口腔ケア
  • こども医療費、給食費の無償化を継続
  • 高齢者の生活を支える移動手段の確保!! タクシー助成制度の拡充見直し

②活力ある産業と観光のまち

  • 農林水産業の経営支援と育成

③快適に暮らせるまち

  • 幹線道路、公共下水道の整備

④安心・安全に暮らせるまち

  • まずは災害復旧!!河川の浚渫、護岸の改修、地域の排水対策の強化
  • 事務所、店舗にも防音工事

⑤心豊かな教育文化のまち

  • 英語、ICT教育の推進/文化・芸術活動の支援

⑥支えあう絆のあるまち

  • 国際交流、市民活動への支援

⑦未来につながる健全なまち

  • 公共施設の適正管理、健全財政

米重 政彦(よねしげ まさひこ)の経歴やプロフィール

  • 名前:米重 政彦(よねしげ まさひこ)
  • 現年齢:64歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属(共産党、社民党、新社会党推薦)
  • 肩書き:政党役員
  • 学歴::広島県立日彰館高等学校、都留文科大学卒業
  • 職歴:小学校臨時教諭、政党新聞記者、病院職員、共産党県東部地区委員長

大学卒業後、小学校臨時教諭、しんぶん赤旗記者、医療法人岩国病院職員などを歴任。その後共産党山口県東部地区委員長を務める。市民団体からの要請を受けて、「福田市政が進めてきた基地との共存をやめ、国や米軍に堂々とものが言える自立した市政を目指す」と、今回立候補を決意。

主な公約・政策主張

米重氏は、「『桜を見る会』、艦載機・爆音、消費税増税…、岩国から怒りの1票を」というスローガンのもと、「米重まさひこ 3つのチェンジ」と称して、次のような公約を掲げています。

① 安倍首相より市民の声を聞く市長を

  • 消費税は5%へ減税し、財源は大企業・富裕層から
  • 上関原発建設は中止し、原発ゼロへ

②日米府にものが言える市長を

  • 艦載機部隊の米本国への移駐、市街地上空や低空飛行訓練の禁止を
  • 米軍の横暴勝手を許す日米地位協定の抜本改定を

③市民に負担増からくらし支える市長を

  • 国保料の子どもの均等割(1人・年 32,160円)をなくし、引下げを
  • 老朽化した学校施設の整備、トイレの洋式化を。その仕事は地元業者に
  • バスダイヤの改善やコミュニティバスの復活で、病院・ 買い物通いを支援
  • 公的病院を守り、リハビリ病院をつくります

2016年の岩国市長選挙の開票結果や投票率は?

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
39074 福田 良彦 45 無所属(自民、公明推薦) 市長
14820 姫野 敦子 56 無所属 無職、元市議
  • 告示日:2016年1月17日
  • 投票日:2016年1月24日
  • 定数 / 候補者数:1 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:114,459人
  • 投票率:47.49%